bフレッツのNTT東日本の受付は終了しています!

Bフレッツは、日本のインターネットの接続形態が、アナログ回線→ASDN→ASDLと発展してきて2001年に導入された光ファイバーを使った定額料金の常時接続サービスです。
当時としては通信速度が速くなり画期的なサービスでしたが、地域ごとに加入希望者が集まらないと回線工事ができないことや、回線の整理ができず混雑時には通信の品質が低下することなど問題点が出てきました。
2008年にNGN網(NextGenerationNetwork)を利用したフレッツ光ネクストが提供されるようになってからは、次第にフレッツ光ネクストへ移行するようになっていきました。
現在、NTT東日本ではハイパーファミリータイプの一部を除いてBフレッツの新規加入受付は終了しており、NTT西日本でも「Bフレッツファミリー100タイプ」の一部に限って新規受付を行うだけになっています。
NTT東日本フレッツ光に変えた理由?通常のページでも遅い【動画は無理】