FPに住宅ローン相談をする時に持参するものとは?

フィナンシャルプランナーに住宅ローン相談をする場合には住宅や土地に関する資料を持参すると具体的なアドバイスを受けることができます。
持参するとよい資料には前年度の収入が分かる資料、住宅に関する具体的な資料、そして必要な場合は土地に関する資料も必要になります。
収入が分かれば金融機関からどれほどの融資を受けることができるか分かり、頭金として用意した方がよい具体的な金額などを教えてもらうことができます。
また、その収入に応じて希望する物件の融資額を受けられるかどうか、土地購入に必要になるつなぎ融資を受けることができるかどうかなども知ることができます。
確実なのは、FPに住宅ローン相談する前に必要な資料について聞いておくことでしょう。