公共料金はクレジットカードで支払うのがお得?

さて、皆さんは公共料金を支払う時に、どのような形で支払っているのでしょうか。
ちょっと性格分析でもしてみましょう。
多分、払込票が送られてくるのを待って、コンビニで、仕事に行く時などのついでに払っている人は、ちょっとめんどくさがりじゃないでしょうか。
公共料金を支払う先の各社に、何の手続きもしなければ、デフォルトではこの形になりますから、各種手続きを面倒臭がって避ける人は、この形で支払うことになるでしょう。
次に、口座引落で支払っている人、この人は計画性のある、しっかり者でしょう。
各社に手続きをするのは非常に面倒です。
第一、公共料金を支払う先は、ざっと考えるだけでも電気、ガス、水道、電話と4つもあります。
このそれぞれに手続をするのですから、面倒ですし、時間がかかります。
最後に、公共料金をクレジットカードで支払う人。
この人は、いわゆるところの「情報強者」です。
なぜならば、一番合理的かつ、お得な形で支払っているからです。
まず、クレジットカードで支払うことの合理性とは、支払い日を一日にまとめられることから来ます。
また、なぜ、クレジットカードで公共料金を支払うとお得なのか。
それは、クレジットカードには使うだけで加算される各種ポイントがあるからです。
これはつまり、割引と同義なわけです。
しかし、クレジットカード以外の支払い方法では、決して公共料金が割引になることはありません。
この支払い方法が一番お得だ、という所以は、そのポイント加算制度にあるのです。