インターネットプロバイダーって具体的にどんなもの?

プロバイダとはインターネット回線を利用者の持つ接続機器と繋げる役割を持った事業者です。
利用者は基本的に回線を所有している事業者と、プロバイダ両方と契約することになり、回線使用料金とは別にプロバイダ料金がかかります。
また、必ずしも回線提供事業者とプロバイダが別々であるわけではなく、プロバイダとして接続サービスを提供している傍ら、自社の回線を提供している場合もあり、その場合プロバイダ料金はかからず、回線使用料金のみがかかることが多いです。
接続、回線両方を提供しているプロバイダは、UQwimax、OCN、so-netなどです。
NTTの光回線の卸売り解禁によって今後、独自の光回線を持つプロバイダが増えていくのではないかと思われます。
インターネットプロバイダーの引越しはどうするの?【手続きの違い】